シンガー/コンポーザー

艶やかさとスモーキーさを併せ持つ詩的ボイスと、独特の柔らかいオーラで聴衆を魅了する最高のボーカリスト、Woong San。

学者の父のもとで育ち、17歳から寺院での修行に入るという特異な経歴を持つ。

修行中に授かった法名、それが「Woong San(雄山)」であり、厳しい修行中のある日、無意識の中で自分が「歌」を口ずさんでいることに気づく。その後寺院のある山を下り、歌手への道を歩み始める。

当時選んだジャンルはROCKであったが、ジャンルにとらわれず好奇心旺盛に音楽を学ぶ彼女に友人から偶然に手渡されたビリー・ホリデイのレコードが、彼女の運命を大きく変える。それがJAZZとの運命の出会いであった。

そこからは、数々のライブ、舞台、楽曲制作に積極的に臨み、ファンを徐々に獲得。

2004年、 1stアルバム「Introducing Woong San」(韓国盤はEMIレーベル「Love Letters」)が、日韓で同時発売され、「韓国最高のJAZZシンガー」という確固たる地位を築き、日本国内でも注目を浴びた。

2005年に2ndアルバム「Call Me」(韓国盤は「The Blues」)が日本で発表された時には、彼女の声に「癒されたい」ファンが急増。韓国では誰もトライしたことのないBluesというジャンルにチャレンジしたことから、このアルバムは「Blues Album」という代名詞を生む功績を成し得た。またこの時期は、日韓両国で発表された2枚のアルバムの熱い反応で、韓国人としては初Aリストアーティストとなり、LIVEの場が日韓共に急増した時期でもある。

2007年、13曲中7曲がオリジナル(作詞・作曲)制作の3rdアルバム「Yesterday」(韓国盤)を発表。Jazzの枠を超えた人気を裏付けるセールスを記録し、「韓国大衆音楽授賞式 Jazz&Crossover 最優秀音盤賞」「韓国大衆音楽授賞式 Jazz&Crossover最優秀歌(yesterday)」を受賞。

その後2008年7月には日本全国ツアーを敢行。日本で人気のミュージシャン、TOKU、小沼ようすけと共に「Jazz Super Express Project Band」に参加、Blue NoteやBillboard Liveを始め日本全国において公演を行ない、その可能性はより広がりをみせ、ツアーを大成功させる。

2008年12月、「Feel Like Making Love」(韓国盤は「Fall in Love」)を日本メジャーデビュー第一弾アルバムとしてポニーキャニオンより日韓両国で発表。着実にファンを増やし、日本国内での評価を獲得した証とも言えるメジャーレーベル移籍となった。

2009年12月「Close Your Eyes」をリリース。スイングジャーナル選定【ゴールドディスク】第8期第43弾に選ばれる。

1998年から日本での活動を始め、今まで500回も越える公演と1年間4回ほどの全国ツアーを行い、ワールドワイドに彼女が求めてきたもの。それは「人間のそのままの自由」。

その彼女の強い想いと愛情にあふれた音楽に触れて欲しい。


1993年MBC 大学歌謡祭(江原道)人気賞、歌唱賞受賞
1996年1月 デビュー(リュ・ボクソン、シン・クァンウン)
1997年7月 タルギ劇場 初単独コンサート
1998年1月より日本での活動スタート
1999年5月 NEW JAZZ VOICE コンサート
2000年7月 「韓日米 JAZZ FESTIVAL」 参加
12月 KBS 「アデュー20世紀 韓国ジャズ」 司会
2001年7月「日本 モンク JAZZ FESTIVAL」 参加
9月 オーストラリア 「ワンガルタ JAZZ FESTIVAL」 参加
ジャズ専門雑誌MM JAZZ 人気ランキング1位
2002年7月 デンマーク「コペンハーゲン JAZZ FESTIVAL」 参加
8月 世宗文化会館「大韓民国 JAZZ FESTIVAL」参加
8月 フィンランド 「ポリJAZZ FESTIVAL」参加
12月 芸術の殿堂「クリスマスジャズコン サート」
2003年MM JAZZ ベストミュージシャン選定
2004年EBS 「スペース共感」 『ウンサンの“LOVE LETTERS”』
世宗文化会館 JAZZ FESTIVAL 「3DIVAコンサート」
First Album (韓国ではLove Letters)日韓同時発売
7月 日本 NHK 音楽番組 「関西ジャズ」出演
2005年Second Album 発売
EBS番組「スペース共感」『ウンサンの”The Blues”』
2006年9月 「ジャラ島 JAZZ FESTIVAL 」参加
7月 KBS 「開いた音楽会」出演
KBS 「朗読の発見」出演 『歌うウンサン』
8月 ナルアートセンター「BIG 5コンサート」
11月〜2007年 4月 BTN放送ライブコンサート「風景」司会
映画 「誰が彼女と寝たのだろう」OST ”IN THE MOOD”
2007年8月 日本下関「BIG WING MUSIC FESTIVAL 」
KOREA SUPER BANDコンサート(クァク・ユンチャン、イ・ジョンシク、イ・ジュファン)
鳥取県境港 「妖怪JAZZ FESTIVAL」出演
EBS “2007 NEW JAZZ Stars 8”番組司会
KBS「開いた音楽会」出演
ミュージカル 「Hard Rock Cafe」主役
3rd Album <Yesterday> 発売
11月 EBS「スペース共感」 『ジャズスタイリスト・ウンサン』
2008年1月〜 TVN リアルストーリー 「猫」司会
2月 城南アートセンター単独コンサート
KBS ユン・ドヒョン Love Letter 出演
3月 LGアートセンター単独コンサート
2009年1月 メジャーデビュー・アルバム『Feel Like Making Love』の発売記念ツアーで初めてBillboard LIVE 福岡、名古屋Blune Noteでリーダー・ライヴ。
7月 札幌シティ・ジャズ・フェスティヴァルに出演。
11月 鳥取県民ふれあいホール、広島泉ホールを含む秋のツアーを実施。
12月 メジャー・セカンド・アルバム『Close Your Eyes』をリリース。
スイングジャーナル選定【ゴールドディスク】第8期第43弾に選ばれる。
その後、2010年10月「Once I Loved」、2012年2月「Tomorrow」、2013年12月「I love you」、2015年8月「Temptation 誘惑」を発表し、その実力を発揮している。
今や韓国、日本の枠を超え、アジアの歌姫として世界各国で活躍中である。
その他
■ドラマ:
SBSドラマ「イルジメ」(縁)
KBS ドラマ 「京成スキャンダル」(エレジー)
MBC ドラマ 「母よ姉よ」(愛していましたか)
KBS ドラマ 「太陽人イ・ゼマ」

■CM:
化粧品 「Etude」 CM音楽

■共演:
KBS Big Band 専属ボーカル/ KBS 国楽オーケストラ/ Fusion国楽 「スルギドゥン」/ イ・ジョンシクBig Band / 水原私立オーケストラ/ Modern Popsオーケストラ /シン・クァンウンJazz Big Band (世宗文化会館) / シンフォニウムオーケストラ(世宗文化会館)/キム・スヨル Big Band (芸術の殿堂) / ダスルム (国立国楽院 ) / キム・ドックスサムルノリ「ナンジャン」/ 京畿道立国楽オーケストラなど多数

■Teaching:
元 Joongbu(ジュンブ)Univ.実用音楽科 ボーカル 教授 / 元 Dankook(タンクク)Univ.生活音楽科ボーカル教授

現在 Kyunghee(キョンヒ)Univ. ポストモダン科ボーカル教授